さいたま市中央区・北与野・さいたま新都心のインプラント 新都心アクアデンタルクリニック

治療の流れ

インターネット予約!24時間対応しています。

治療前の注意点

お体の状態について

インプラントでは外科的手術を伴いますので、お体の状態や持病(糖尿病、高血圧症、心臓疾患、脳疾患など)については必ず担当の歯科医師にお伝え下さい。持病の症状により医科の主治医に手術の是非、相談、意見を求めることがあります。

服用中のお薬について

日常服用しているお薬がある方は、必ず事前に担当の歯科医師へお伝え下さい。場合によって手術前に服薬を控えてもらうことがあります。(動脈硬化の薬、糖尿病の薬、向精神薬、非ステロイド系抗炎症剤、経口避妊薬など)

治療の流れ

Step1. 診査・診断・前準備
診察、レントゲン撮影、全身の既往歴、骨の量などのチェックを行い、治療計画を立てます。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。
↓
Step2. 手術
治療前の注意点
麻酔後、歯肉を切開し、歯槽骨(顎の骨)にドリルで埋め込むインプラント体(歯根部分)と同じ長さ・太さの穴をあけ、インプラント体(歯根部分)を埋入します。ヘッド部分は顎の骨の外に出しておきます。インプラント体の部分に人工歯の支台になるアバットメント(または仮のアバットメント)を連結し、上部は歯肉の上に出ている状態にして、手術は終了です。
↓
Step3. 癒着期間( 3ヶ月~6ヶ月)
手術後、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨の状態や治療部位によって異なりますが、3ヶ月~6ヶ月ほど待ちます。
↓
Step4. 人工歯の取り付け
骨との結合を確認後、かみ合わせをチェックしながら人工歯を取り付けます。(仮のアバットメントの場合は交換し、支台となるアバットメントを取り付けてから人工歯を取り付けます。)
↓
Step5. メンテナンス
手術後は定期的にメンテナンスを行います。このメンテナンスをしっかりと行わないと、せっかくインプラントの治療をしても、無駄になってしまうのです。
 

治療中の注意点

治療中の注意点
食事についての注意点
その他の注意点

治療後の注意点

メンテナンスについての注意点

※インプラント歯周炎とは
歯周病のようなもので、インプラントの周囲の歯肉が炎症を起こす病気のことです。症状が進行するとインプラントを支える 顎(あご)の骨が溶けていき、最終的にはせっかく取り付けた人工歯とともに抜け落ちてしまいます。せっかくインプラントの治療をしても、無駄になってしまうのです。インプラントを埋め込んでから5~6年以内に起こる可能性が高く、それを過ぎると可能性は低くなります。また、一度かかってしまうと症状の進行するスピードがとても速いという特徴もあります。

ご予約は048-600-1550 10:00-13:00 14:30-20:00

さいたま市中央区、北与野駅徒歩1分、さいたま新都心駅徒歩3分の新都心アクアデンタルクリニックです。インプラントに力を入れております。お気軽にご来院下さい。